電子マネーが付帯しているデビットカードもあります

020

電子マネーについてはその特徴においていくつかに分類することができるようになっています。

また、厳密ではございませんが、交通系と呼ばれているSuicaやPASMO、プリペイド型によるオーソドックスな楽天EdyやWAON、nanacoや後払いを選択することができるQUICPayやiD、さらに独自のシステムとなっているauWALLETなどとなっています。

なお、セブン銀行のカードにおいては、nanacoと一体型、あるいは紐付型より選ぶことができます。そして、SMBCデビットに関してはiD機能が付帯しています。

そして、Suicaに関しては定期や電子マネーの役割を果たすことができる人気の電子マネーとなっています。しかも、デビットカード使い方ですが改札をその状態でワンタッチによってくぐれる便利さについては、他の電子マネーではないものとなっています。

また、Suicaにてチャージすることができるのはビューカードのみであり、Suica機能の付いているビューカードもあります。しかし、Suica機能がなくてもチャージ決済用カードとして使うことができます。

つまり、ビューカードである場合にはよいのでしょうが、その他のクレジットカードやデビットカードは使うことができません。

また、通常のチャージの場合には、クレジットカード情報を登録すればOKであり、なお、これらのカードをSuicaに登録することもできるようになっています。しかし、アップルペイに対してこれらのカードを登録する場合にはSuicaアプリ経由でなければできません。

支払いは登録しているカードで行えます

036

また、加盟店もたくさんあり、還元率に関してはかなり高いのが特徴となっている楽天Edyでのチャージについては、楽天銀行によるデビットカードを登録することができます。

そして、楽天銀行のカードについては、VISAブランドやJCBブランドのものがあり、チャージに利用することができるのは、VISAだけですから注意しておくようにしましょう。

そして、オートチャージについては、楽天カードによってEdyを利用しているのか、おサイフケータイによって利用しているのかにより設定については変わってきます。

つまり、ローソンやファミリーマート等、これらのチャージ対象店舗においての支払い時に、チャージされているシステムとなっています。

そして、支払いに関しては登録しているカードにて行えますから、VISAデビットの場合には利用することができます。

つまり、イオンにおいて買い物がよくある方にとってはおすすめであり、WAONのチャージについては、自動的に設定されている金額がイオン銀行の普通預金より引き落とされていくシステムとなっています。

つまり、これらのチャージを利用していくためには、クレジットカードやこれらのカードではなく、イオン銀行口座が必要ということになるでしょう。

しかし、イオン銀行のカードであるキャッシュ+デビットの場合には、オートチャージでも200円毎に1WAONポイントが貯まっていくのがかなり得となっています。つまり、銀行口座を申し込む場合にはデビットについても利用すれば良いでしょう。

利用者が大きく増加している電子マネー

0-06

また、加盟店数に関しては全国で765000か所と、電子マネーの中においても最多となっており、QUICPayとは違い、後払いだけでなく先払いを選ぶことも可能なポイントが大きな特徴となっています。

したがって、後払いで利用する場合には、クレジットカード登録が必要となります。しかも、デビット支払いもできるようになっており、即時払いといわれる方法もできるようになります。なお、三井住友銀行のSMBCデビットにはiDが搭載されています。

また、iDについてはこれまでは加盟店はよくあるものの、EdyやSuicaに遅れをとっていた感があって、アップルペイが登場してから、iDを登録することができることによって利用者が大きく増加している電子マネーとなっています。

しかも、マスターカードの対応店舗にて幅広く使うことができ、au WALLETのチャージ方法に関しては様々となっていますが、オートチャージを利用していくためにはかんたん決済にて支払う必要があります。

そして、かんたん決済に関しては、月々の通信料金と合算した上で支払っていくものであり、月々の通信料金については、これらのカードによって払えるのかといわれるポイントに関しては、当然ながら支払うことができるようになっています。

しかも、VISAデビットカードやJCBデビットカードのどちらにも対応しています。しかしながら、KDDIとカード会社による取り決めによって、請求金額の承認の依頼については送られる場合があり、承認依頼の段階において、口座より引き落とされてしまうところに注意しましょう。